FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

885

映画は見ずともサントラは聴く

じっと椅子に座って大画面&大音量に我が身を晒し続けるのは苦手です。
映画館の想い出というと、作品内容そっちのけで、終始頭痛・吐き気と戦っている記憶しかありません。
だから、映画を見るのはTV放映される作品が殆どでした。

それでも自分にとって、それが決して嫌いではない作品であっても、2時間前後視聴し続けるのが余程の苦行らしい。
”見たことあるのは前半だけ”とか”最初と最後だけ”とかいうのが多いのです。
映画のサントラを聴く機会なんて尚更、殆どないといっていいくらいです。


1983年。
当時はMTV全盛のころで、深夜の洋楽番組を、よく勉強しているフリをしながら見てました。

ある晩、とある映画のサントラの曲のPVという、当時ではたぶん珍しいものを目にしました。
映画のシーンの合間に、自分がよく聴くバンドのギタリストが独りで演奏するシーンが挿入される構成のPVでした。
映画の方は全く知らない作品だったのですが、本編で使用されているのであろう、雄大な自然の景色を中心にPVが編集されているので、曲調にぴったりはまっていて、ストーリーを知らない人でも十分見れるものでした。

アコースティックでもエレクトリックでも、このギタリストの一音一音はすごく奥が深くて今でも大好きです。
これはCDをゲットせねばと思い立ち、PVが終わる前に慌てて映画のタイトルと曲名を憶え、休日にCDショップをはしごしました。
後で知ったのですが、この映画、日本では未公開で、海外でも興業成績がぱっとしないマイナーな作品だったようです。
CDは見つかりませんでした。

時は経ち、就職した会社が当時、東京青山にオフィスを構えていました。
休日出勤の頻度が高かった会社ですが、ある休日、出社したのは自分一人でした。
午前中は仕事をしていたのですが、”休日に一人仕事”と考えるとみるみるモチベーションが下がります。
その日は仕事を午前で切り上げて、昼食をとりつつ、六本木・麻布界隈まで散歩がてらぶらぶらとしてました。

そこで何の気なしに立ち寄ったCDショップの棚に1枚、あったんですよ。
誰かが買う前にと、急いで購入し、その後の散歩の予定も切り上げて帰宅しました。

PVで流れた最終トラックの曲しか聴いたことが無かったのですが、全曲聴き終えたあとはこの上ない満足感に満たされました。
このCDも長年に渡り、数え切れないほど聴いてますが、この度最新マスターでリイシューされるというので、ポチりました。




ローカル・ヒーロー/夢に生きた男<オリジナル・サウンドトラック>(紙ジャケット仕様)ローカル・ヒーロー/夢に生きた男<オリジナル・サウンドトラック>(紙ジャケット仕様)
(2012/09/26)
マーク・ノップラー、ジェリー・ラファティ 他

商品詳細を見る



この後に作成された3枚のサントラも同時発売だったので、大人買いしましたよ。
上記のサントラはロック色がややある方ですが、他のサントラはシンフォニックな曲が多く、これがまたたまらんのです。
相変わらず、映画本編は未視聴ですけど。

スポンサーサイト
  • Date : 2012-09-30 (Sun)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。